ラポマイン

女性器の臭いは汗、尿、おりものを、膣内の菌が分解することで起こります。膣内には常在菌と呼ばれる菌がおり、大きく善玉菌と悪玉菌に分けられます。善玉菌は乳酸菌に代表され、膣内から酸っぱい臭いがすることは膣内の自浄作用が正常に働いている証拠であり、おかしいことではありません。しかし、生臭い臭いがしたり、つんと鼻をつくような酸っぱい臭いがする場合は改善の余地があります。
まず、生臭い臭いがする際は、膣内の常在菌のバランスが崩れ、自浄作用が働いていない状態です。膣内の洗いすぎで常在菌が減りすぎることからも起こります。洗い過ぎは控えましょう。なお、おりもの自体に生臭い臭いがある場合は性病の可能性もあるため、一度婦人科を受診することが望ましいです。
尿やおりものなど膣周辺の汚れがたまり、恥垢(まんかす)となってかたまっている場合は、つんと鼻をつくような酸っぱい臭いがします。この場合は恥垢を取り除き、おりものシートを変える頻度を増やすなど清潔を保つようにしましょう。また、すそわきがという外陰部にアポクリン汗腺が集中する体質により、臭いが強い人もいます。この場合は遺伝性のものなので、根治することは難しいのですが、外陰部をアルコールで拭き取る、すそわきが専用のクリームを塗ることで臭いを防ぐことができます。ただし、必ず外陰部のみに行い、決して膣内には行わないようにしましょう。常在菌のバランスが崩れてしまい、自浄作用が働かなくなります。
特に生理前後はおりものが増え、おりものシートやナプキンによる蒸れ、経血も雑菌の発生を促し、臭いが強くなりがちです。おりものシート、ナプキンはトイレに行くたびに交換するといいでしょう。
女性にとって、女性器の臭いはデリケートで本当に悩ましい問題ですが、外陰部の清潔を保ちながら、膣の自浄作用を正常にしておくことで重要です。臭いが気になるとついつい洗いたくなりますが、むやみにビデなどで膣内を洗いすぎないように気をつけましょう。